single-column_book.php
2021 年 04 月 03 日

受験親必読! 「本番に弱い」を克服するメンタルトレーニング

著者:

岡島 卓也

出版社:

産業能率大学出版部
実用書

親が変われば子どもも変わる。合格する親子の共通点とは?

「子どもの合格のために親は何をすればいいのでしょうか」

大学受験予備校で教鞭をとる著者の岡島卓也さんが、講演会などの質疑応答やアンケートでよく受ける質問がこれ。

著者によると、子どもが受験に挑む際、もっとも支えとするのは家族だといいます。さらに、受験を乗り越えて、子どもたちの夢を実現させるために必要なのも、お母さん、お父さんであり、その役割はとても重要なのです。そこで、本書では、長年予備校で教えてきた著者が、合格した生徒とその保護者の行動パターンから導き出した<合格する親子の共通点>を紹介しています。

合格する受験生には、次のような共通点があります。

“1.行動が早い

2.素直である

3.前向きである”

そして、合格する受験生の親にも共通点があります。

“1.子どもを信じている

2.自分たちにできることをしている

3.前向きである”

両者に共通しているのが、「前向き」であること。そして、子どもが前向きになるためには、まず親が前向きになることが大切なのだそうです。なぜなら、子どもは親の行動を無意識にコピーし続けているから。ゆえに、親は子どもがしてほしい行動を率先してやることが大切なのです。子どもに勉強してほしいなら、親がTOEICや資格試験に取り組む。前向きな考え方を身につけてほしければ、「私なんて」「どうせ〇〇だから」という考え方をやめる。もちろん、子どもに対しても、後ろ向きだったり、否定的な言葉は厳禁です。事実は事実として受け止め、目標達成のために何ができるかを前向きに考えていきます。

そうはいっても、「前向きになろう!」と決意したところで、そう簡単に前向きにはなれませんよね。本書で紹介しているのも、問題を一瞬で解決できる特効薬ではなく、続けていくほど効果を感じやすい漢方薬のようなメソッドです。一つひとつは、決して難しいメソッドではないので、実践しやすいのではないでしょうか。勉強と同様に、メンタルもコツコツと鍛えていくことが必要です。

試験本番が近づくほどに不安になってしまいます。それを克服し、受験で結果を残すためにも、親もしっかりと準備をしていきましょう。(中山寒稀)

本書は『本番でいつもの実力を発揮できる 受験合格のためのメンタルトレーニング』(辰巳出版)とともに、1つのたまご(企画)から生まれた書籍です。

【ご購入はこちら▶】受験親必読! 「本番に弱い」を克服するメンタルトレーニング (SANNO BOOKS)

【おすすめの記事▶】13歳からの「身になる読書術」 探し方・読み方がわかる本 今こそ読みたい&教科にも役立つ200冊

【受験・学習法の本を出版するなら▶】出版企画をお持ちの方へ

受験親必読! 「本番に弱い」を克服するメンタルトレーニング