single-column_book.php
2022 年 05 月 10 日

七十歳ババァ、起業する?

著者:

近 恵子

出版社:

内外出版社
自己啓発書

起業の目的は、孤独からの脱却! 七十歳から始める幸福な人生

本書の著者は、近恵子さん、70歳。ご主人と親友という理解者をたて続けに亡くしました。生活するお金には困らないものの、一人暮らしになった著者に残されたのは有り余る時間です。一日中一人でいると、おかしくなってしまう。週2回のパート勤務はあるものの、残りの5日間はどう過ごすか? そこから著者の起業物語が始まります。

著者の夢は起業か果樹園を持つこと。しかし、学もコネも多くの資金もありません。あるものは著者の人並み外れたバイタリティと行動力です。折しも、新型コロナウイルスの流行で大きく世の中が変わり始めた時期。その中で何ができるのか。紆余曲折を繰り返し、著者が行きついたのがリヤカーのフリーマーケットでした。

おそらく、著者が置かれた環境であれば、多くの人は「無理だ」という判断を下し、のんびりと暮らすことを選択するでしょう。しかし、著者は、次のように言っています。

“フツーのババァでも、やっと、自分らしさを見つけられた。何でもよい。まずはやってみることだ。一歩踏み出せれば、勇気が出る。”

リヤカーのフリーマーケットは、それほど利益は出ないものの、世間話でストレス解消できるうえに、運動になります。多くの理解者や協力者を得て、メディアにも取り上げられるようにもなりました。人生の再スタートを切った著者は、本書の最後で「幸福だ」と断言しています。

そんな著者が叶えた夢がもう一つあります。それは、「生涯、一冊は本を出したい」というもの。企画のたまご屋さんがその一助を担えて幸いです。

何かを始めたいけど勇気が出ない。そんな人の背中を押してくれる本です。(中山寒稀)

【ご購入はこちら▶】七十歳ババァ、起業する?

【おすすめの記事▶】1日1時間から稼ぐ 副業ライターのはじめ方

【起業・シニアの働き方の本を出版するなら▶】出版企画をお持ちの方へ

七十歳ババァ、起業する?