single-column_book.php
2020 年 05 月 02 日

1日30分からはじめる はじめてのeBay

著者:

荒井 智代

出版社:

自由国民社
実用書

意外なものが売れるかも? わくわくするビジネス、eBay

働き方が多様化する中で、副業を認める企業が増えてきています。しかし、いざ副業をはじめようと思っても、何をやっていいかわからないという人も多いでしょう。本書の著者は、手軽に始められる副業として、eBay輸出をすすめています。

eBayは、世界40か国で展開するオークションサイトに、日本の商品を海外に販売するビジネスです。海外のオークションサイトに出品するのは、かなりハードルが高いような気がしますが、著者がeBayをすすめる理由は、次の3つです。

“(1)eBayで行うのは「輸出」なので、敬遠する人が多く、ライバルが少ないこと

(2)日本の商品を欲しがっている日本マニアが、思った以上にたくさんいること

(3)そして何より、「こんなものが高く売れるんだ!」という驚きと、面白さがあるビジネスだということ”

例えば、海外で大人気の漫画『NARUTO-ナルト-』が最終回を迎えた2014年の「週刊少年ジャンプ」50号は、仕入れ値250円の20倍以上になる、5249円に。実家でほこりをかぶっていたこけしは、なんと1万8640円で売れたそうです。

そうはいっても、海外への販売。英語は必須です。 まずは、eBayのアカウント登録。英語で登録していくのですが、必要なのは、名前と住所をローマ字にするだけ。英語の文章や単語は必要ありません。さらに、決済サイト「PayPal」は日本語で登録ができます。ゼロから始めて、1時間で販売を開始できるとのこと。

しかし、難関は発送方法の注意書きや商品説明。英語力が必要なはず。しかし、それも簡単な英語の定型文や単語を組合わせれば大丈夫。中古のポケモンのピンバッジの商品説明であれば次のようになります。

“ポケモン=pokemon

ピンバッジ=pin badge

中古=used

とてもきれい=very beautiful

傷なし=no scratches”

商品説明は写真で見ればわかることが多い上に、利用する人には、英語が母国語ではない人がたくさんいるため、難しい英語を使う必要がないのです。

私自身、eBayという言葉はずいぶん前から知っていましたが、かなりハードルが高いのではないかというイメージがありましたが、なんだか、私でもできそうな気がしてきました。実際に著者が販売した商品を見ていると、わくわくしてきますよ。(中山寒稀)

【ご購入はこちら▶】1日30分からはじめる はじめてのeBay

【電子書籍はこちら▶】1日30分からはじめるはじめてのeBay

【おすすめの記事▶】1日1時間から稼ぐ 副業ライターのはじめ方

【副業・仕事の本を出版するなら▶】出版企画をお持ちの方へ

1日30分からはじめる はじめてのeBay