このたびは、〈ほんたま〉をご利用いただき、ありがとうございます。ご利用の前に以下をお読みいただだき、ご了解いただけますようお願いします。

1.サービス内容と手数料について

〈ほんたま〉が提供するサービス内容は以下のとおりです。

●企画採用までのフォロー

出版社訪問の同行、複数社からオファーがあった場合の出版社選定、条件交渉など。

●制作途中で発生する疑問解消と出版社交渉のサポート

●ほんたまの手数料

  • 初版のみだけでなく、重版以降も同率が適用されます。
  • 著作物から派生する続編、改訂版、新装版、文庫版、新書版、電子出版、オンデマンド出版、オーディオブック、アプリ、ゲーム、映像、グッズなどについても、著者印税の3割、もしくは権利収入の3割をいただきます。
  • 印税の中に、外部ライターによる原稿作成やリライトの費用が含まれる場合があります。その場合でも、企画のたまご屋さんは印税全体の3割をいただきます。
  • 単独出版ではなく、雑誌記事の執筆や他の著者との共同出版となるケースでも著者印税の3割、もしくは原稿料の3割をいただきます。
  • その他、上記に記載のないケースが発生した場合には、必ずほんたまを運営するNPO法人企画のたまご屋さんにご報告・ご相談をお願いいたします。
  • 出版社に採用されなかった場合、著者様のご負担は一切ありません。

●出版社の提示してくる著者印税率が著しく低い場合

「NPO法人企画のたまご屋さん」の判断で、出版をお断りする場合があります。

●その他、ほんたまのサポート内容に含まれないもの

  • 文章の代筆およびリライト
  • 出版物および著者様のプロモーション活動
  • 出版社が行うべき書籍の編集制作業務(デザイナーや装丁家、イラストレーター、図表作成、校正者の手配など)

ほんたまのサービスを用いることで、初期費用を支払うことなく商業出版に挑戦できますが、より良いサービスのご提供のためには日々の努力が不可欠です。〈ほんたま〉では、このために多くの手間と時間を投資しています。

〈ほんたま〉を運営するNPO法人企画のたまご屋さんがいただく手数料(著者印税の3割)は、上記サービスの提供(出版プロデューサーへの人件費)およびシステムの維持管理のために使用されるものです。

2.著者の方による自主営業について

●ご自身での売り込みを控えていただく期間

配信決定の連絡があってから、配信後、オファーのあった各社による採否の結論が出るまでの間(配信後およそ2週間が目安)

●すでにご自身で出版社への売り込みをなさっている場合

ほんたまでの企画配信後は、ほんたまでの交渉・採用を優先していただきます。

●出版社での採用が決定しなかった場合

自主営業を行っていただいて構いません。自主営業により他社で企画が採用された場合は、ほんたまは、手数料を一切いただきません。

●ご紹介した出版社への別企画の売り込みについて

ほんたまでの配信の結果、面談・紹介をさせていただいた出版社で、ご紹介日(出版社との面談日)から1年以内に別の企画採用が決まった場合でも、ほんたまの営業成果と判断し、印税の3割を手数料としていただきます。

3.企画採用から原稿完成までの進行について

企画の採用決定以後、原稿完成~出版に至るまでは、「著者と出版社の編集担当者」との間で直接やりとりしていただくようお願いしております。

何か問題が発生した場合には、早急にご報告・ご相談をいただければ、問題解決の ためのサポートをさせていただきます。

4.企画採用後の出版中止について

出版社で企画が採用された後であっても、完成した原稿が出版社の期待した内容・レベルと著しく異なると判断されたときは、出版に至らない場合があります。

5.出版社の経営悪化や倒産などの場合について

出版社の経営悪化や倒産(民事再生法の適用を含む)によって、いったん採用された企画の出版が中止となったり、印税や原稿料の支払いが滞ったりする場合があります。このような場合、ほんたまは著者の立場にたって支援を行いますが、印税やは出版社と著者との出版契約に基づいて発生する債権であり、NPO法人企画のたまご屋さんには支払い責任はありません。

また、著者の代理としての債権回収業務はできません。

6.広告宣伝活動について

出版後の広告宣伝活動(書評担当への献本、書店営業、新聞・雑誌への広告掲載など)は、出版社が行うものです。ほんたまでは行っておりません。

7.メルマガ配信について

ご登録いただいたメールアドレスに、NPO法人企画のたまご屋さんから、メールマガジンを配信させていただくことがございます。