このたびは、〈ほんたま〉をご利用いただき、ありがとうございます。ご利用の前に以下をお読みいただだき、ご了解いただけますようお願いします。

1.サービス内容と手数料について

〈ほんたま〉が提供するサービス内容は以下のとおりです。

  • いただいた「企画書・項目構成案・見本原稿」の内容チェックとアドバイス
  • 出版社編集者への配信
  • 出版社からオファーがあった後から企画採用までのフォロー(複数社からオファーがあった場合の出版社選定、条件交渉でのサポートを含む)
  • 出版社訪問の際の同行
  • この他にも、著者と出版社がお互いに気持ちよく仕事ができるように、双方をお手伝いしていきます。

また、企画が出版社に採用され、売れる本の出版につなげていくためには、

  • 配信企画のクオリティーの維持
  • 著者、編集者双方に〈ほんたま〉のことを知っていただくためのプロモーション活動
  • 〈ほんたま〉ホームページおよび配信システムのメンテナンス

など、よりよい「場」創りのための日々の努力が不可欠です。〈ほんたま〉では、このために多くの手間と時間を投資しています。

〈ほんたま〉を運営するNPO法人企画のたまご屋さんがいただく手数料(著者印税の3割)は上記サービスの提供(出版プロデューサーへの人件費)およびシステムの維持管理のために使用されるものです。

※ほんたまのサービスを用いることで、初期費用を支払うことなく商業出版に挑戦できますが、実際に出版に至った場合には、ほんたまを運営する「NPO法人企画のたまご屋さん」が、システム利用料として印税の3割をいただいていることを、あらかじめご了解ください。

※著者負担の手数料は書籍が発売されて初めて発生するものですから、企画配信後、採用されなかった場合は著者の負担は一切ありません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

※オファーを経て企画成立後であっても、出版社の都合などで刊行停止になることもございます(例:出版社の倒産など)。

※オファーを経て、契約締結の段階で出版社の提示してくる著者印税が著しく低い場合、ほんたまを運営する「NPO法人企画のたまご屋さん」の判断で出版をお断りする場合がございます。

※ 著者より聞き書きしたり、文章の一部を代筆およびリライトする作業はほんたまの「サポート内容」に含まれません。もしその必要が生じた場合は著者および出版社と話し合って印税配分を決めさせていただきます。 イラストやマンガなどを多用する企画の場合も、印税配分に関してご相談させていただく場合があります。

※ 出版後のプロモーション活動についても、「サポート内容」には含まれませんのでご注意ください。

※書籍の編集制作業務(デザイナーや装丁家の手配、イラストレーター手配、図表作成、校正者の手配など)は出版社の業務であり、ほんたまの「サポート内容」には含まれません。

2.配信する企画の選択について

配信する企画は、応募企画のなかから、「企画のたまご屋さん」がその質の高さを保証できる企画を選ばせていただいております。

したがって、いただいた企画は、すべて配信できるわけではありません。また、配信できなかった企画に関して、その理由に関するお問い合わせ、企画へのアドバイスの依頼、配信の再検討の要望等には一切対応しておりません。ご了承ください。

※企画配信により、オファーがあった場合、すみやかに、ほんたまスタッフからご連絡を差し上げます。ただし、オファーは出版の確定を意味しておりませんので、ご注意願います。オファー後の流れについては、出版企画が本になるまでをご確認ください。

3.著者の方による自主営業について

すでにご自身で出版社への売り込みをなさっている場合は、企画配信が正式決定し、当方の担当プロデューサーが配信の準備を開始する前に、必ず、それらの出版社では不採用であることを明らかにしておいてください。 また、配信決定の連絡があってから、配信後、オファーのあった各社の採否に関する結論が出るまでの間(配信後およそ2週間が目安です)は、ご自身による他の出版社への売り込みは控えていただきますようお願いします。 上記に違反し、著者の自主営業により他社で企画が採用された場合も、企画配信は予定どおり行い、規定の手数料をいただきます。

4.企画採用から原稿完成までの進行について

企画が採用されてから原稿完成~出版に至るまでは、「著者と出版社の編集担当者」の間で直接やりとりしていただくようお願いしております。

出版社の判断で、原稿のリライトやゴーストライティングが必要となった場合は、その費用を著者印税のなかから配分していただくことになります。また、マンガやイラストを多用する企画の場合も、印税配分に関してご相談させていただく場合があります。

5.企画採用後の出版中止について

出版社で企画が採用された後であっても、完成した原稿が出版社の期待した内容・レベルと著しく異なると出版社に判断されたときは、出版に至らない場合があります。あらかじめご了承ください。

6.出版社の経営悪化や倒産などの場合について

出版社の経営悪化や倒産(民事再生法の適用を含む)によって、いったん採用された企画の出版が中止となったり、印税などの支払いが滞る場合があります。

〈ほんたま〉では、経営悪化により会社としての存続が困難になった出版社、社会問題を起こした等が明らかとなった出版社については、著者保護の観点から取引および企画配信をお断りしていますが、こうした状況を事前に予測することは困難であり、企画の採用後にこうした事態が生じた場合に、〈ほんたま〉が出版社の紹介責任を負うことはできないことをご了承ください。

また、こうした場合〈ほんたま〉は著者の立場にたって支援を行いますが、印税などの支払いは出版社と著者との出版契約に基づき出版社と著者との間に発生する債権であり、〈ほんたま〉を運営するNPO法人企画のたまご屋さんには支払い責任はないこと、また、この場合に著者の代理として債権回収業務を行うことはできないことをご了承ください。

7.広告宣伝活動について

出版後の広告宣伝活動(書評担当への献本、書店営業、新聞・雑誌への広告掲載など)は、出版社サイドにて行うものです。〈ほんたま〉での献本作業、書店営業などは行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

8.メルマガ配信について

登録いただいたメールアドレスに、NPO法人企画のたまご屋さんから、メールマガジンを配信させていただくことがございますので、あらかじめご了解ください。