出版実績

表示順:新着順(古い順に変更
16歳だった―私の援助交際記
著者:中山美里
この十年間、あたしは援交のことを、いつもどこかで後ろめたく思ってた。でもあたしはあたしをごまかすことはできない。援交時代をないものとして扱えば扱うほど、自分の一部が削除されたような気になった。

はじめて本を書こうと思ったとき、この題材しかないと思いました。この本には、クラブ、援助交際、ドラッグなどコギャルが登場した93年から1年半の少女たちの日常生活が詰まっています。
器用に生きられない人たち
著者:斉藤 弘子
なぜ、人は、社会は病むのか、背景には何があるのか。「心の病」にかかり、人生につまずいてしまったとき、どうすればいいのか。典型的な症例と新しく生きるためのヒントをつづる。
ハートのてっぺん
著者:安藤房子
はじまりのドキドキ、胸いっぱいの大好き、止まらない涙、ふとよぎる不安…
恋する女のコのキモチを五行歌にたくしました。好きがあふれだす54の言葉。
ちょこボラ! ―今すぐはじめられる、お手軽ボランティア
著者:藤原千尋
楽しくちょこっとボランティア……じゃ、ダメですか?
自分の空き時間を使って、できることだけをマイペースでお手伝いする「ちょこボラ」をやってみよう!
ビッグイシューと陽気なホームレスの復活戦
著者:櫛田佳代
個性あふれる路上書店で、今日も元気に「おはようございます!」とストリートペーパーを掲げ、ビッグイシューで復活戦に挑む販売員。そして、100%失敗だと言われた事業への挑戦を続けるビッグイシュー日本。さらに、ホームレスがサッカーだって!? それぞれの過去を背負い、スウェーデンで戦いに挑んだ選手達が得たものは…。
天使のラストメッセージ
著者:松原ななみ
ターミナルケアの現場で、一人のナースが旅立つ天使たちからもらった宝物とは…。生への思い、家族愛、そして命の尊厳を優しい詩とエッセイで綴った感動のメッセージ集。「死」の現実をまっすぐに見つめることで、命の大切さや素晴らしさ、生きる勇気を伝える本です。
モタ先生の「人生モタモタ」―自分流「スローライフ」のすすめ
著者:斎藤茂太
心を亡くす「忙しさ」から自分を解放して、お先にどうぞで、無理しない、あせらない。そうだ、あした考えよう……。

モタモタ人生の達人が愛と優しさと笑いいっぱいの言葉で贈る、心も体も健康で、ゆったり幸せな人生が送れる「スローライフ」指南。
ココロ磨き
著者:波登かおり
「他人にどう思われたって関係ない!」、でも実際は、ちょっとしたひと言で傷ついたり傷つけたり、原因探しにモヤモヤしたり…。職場でも家庭でも、人間関係の悩みは尽きません。そんな時こそ自分で自分をカウンセリング!話題のチャージ療法で、「私」をとことん磨き上げましょう。
男、30歳 土俵際から始める組織で勝ち残る技術
著者:丸山隆三
ハリウッドに豪邸を構え、アメリカで栄華を極めた30代から一転して、40歳の時、アメリカの重犯罪刑務所(レベル4)にたった1人の日本人として放りこまれた著者が、刑務所内を制圧するに至った組織論を徹底伝授。
踊るドラマの刑事(デカ) ウソ・ホント?
著者:北芝健
元警視庁刑事 北芝健が、ドラマと真実を徹底検証!
Q政治家からの圧力で捜査がストップするってホント?
Q刑事の捜査経費が実は出ないってホント?
等々、全部で60のテーマを紹介。警察の裏事情も丸わかりとなり、テレビや映画をさらに楽しく鑑賞できるはず!
Amazon.co.jpアソシエイト